マットレス 選び方

MENU

マットレスの選び方と種類

マットレスは、寝返りを打てるように、肩幅の3倍あるものが良いと言われています。

 

それは、寝返りが打てるようにするためです。

 

寝返りを打つと体は、疲労を回復したり体重を分散させることができます。

 

ですが、柔らか過ぎるマットレスは、腰に負担をかけてしまいます。

 

よくベッドを止めて布団にしたら腰痛が治ったという人がいますが、それはベッドが柔らか過ぎるからです。

 

柔らかいと腰が沈み却って腰痛を悪化させてしまいます。

 

 

マットレスには低反発と高反発の2タイプある

では、低反発と高反発のマットレスどちらが適しているのでしょう。

 

低反発だと、均一に体がマットレスに沈むので、体に負担がかかりにくいとされています。

 

しかし、寝返りがしやすいかどうかで見ていくと、低反発は体が沈みやすいため寝返りしにくい傾向が高いです。

 

寝返りはできても、無意識に足を使って反動で体を動かすため、腰に負担がかかります。

 

そして、寝返りの回数が十分でないと、熟睡できず眠りが浅くなるため、朝起きた時に疲れが残った状態になります。

 

高反発マットレスは、スプリングの力が強く、金属バネ、ウレタンフォーム、繊維構造体の3種類あります。

 

初めて高反発マットレスに横になってみると、あまりの硬さに「失敗したかも」とがっかりします。

 

しかし、しばらすると不思議と体が楽に感じます。それは、体にかかる圧が分散されやすいからです。

 

低反発のように体に沿って沈みこまないため、寝返りが打ちやすく比較的体も疲れません。

 

人間の体は、骨を中心に筋肉が付いていて、その中に血管が通っています。

 

柔らか過ぎたり、体が沈みこみやすいマットレスだと、筋肉が押し潰されるため、痛くなったり血管が圧迫され血流が悪くなります。

 

同様に、硬すぎるマットレスでも、体が痛くなりぐっすり眠ることができません。

 

最近では、低反発と高反発のいいとこどりをした優反発マットレスがいくつかのメーカーから販売されています。

 

有名なブランドはオクタスプリングなどですね。

 

優反発は、低反発並みに柔らかいのに反発力が高いという特徴を持っています。しかも、低反発マットレスだと通気性が悪いというデメリットがありますが、優反発は通気性に優れています。

 

そのため、就寝時に汗をかいても蒸れないのです。弾力性も高いので、寝返りが打ちやすく体に疲れが残りません。

 

実際に寝てみると、柔らかいのに芯がしっかりしている感覚を実感することができると思います。

 

最近、眠りが浅い寝つきが悪いと感じるのは、年を取って代謝が低下しているからかも、と諦めていませんか。もしかすると、お使いの寝具が合っていないことが原因かもしれません。

更新履歴